誰でもなる「老眼」

見にくい ヒトの目の中のレンズ(水晶体)は生まれてから徐々に硬くなります。このため40歳頃からピント調節能力が低下してきます。これをいわゆる「老眼」といいます。
 「近眼の人は老眼にならない」などといわれることもありますが、これは間違いです。近眼の方でも遠くを見るためのメガネをかけた状態では手元が見えにくくなるはずです。

白内障も老眼も治る「多焦点眼内レンズ」とは

単焦点眼内レンズとの違い

 白内障などの手術では濁った水晶体を取り除き、代わりに「眼内レンズ」と呼ばれる人工のレンズを入れます。
 現在ヨーロッパでは白内障手術を受ける方のうち、10~15%の方が「多焦点眼内レンズ」と呼ばれる眼内レンズを選択しています。
 当院では白内障手術を受ける方のうちおよそ4%の方が多焦点眼内レンズを選択しておりました。一般的な割合に比べ少ないのは、やや保守的な(慎重な)選び方をするからかもしれません。
 通常の眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」と呼ばれ、遠くか近く(あるいは中間)のどこか一箇所にしか焦点が合いません。このため、手術後にはいわゆる「老眼」になります。
 多焦点眼内レンズの場合、遠くも近くも中間(パソコン画面など)もある程度見えます。

見え方の違い(シミュレーション)

単焦点眼内レンズ ・ ピントは遠く

 遠くは良く見えますが、手元はピントが合いません。多くの場合老眼鏡が必要になります。

単焦点眼内レンズのピントを遠くに合わせた場合

単焦点眼内レンズ ・ ピントは手元

 手元ははっきり見えますが、遠くはピントが合いません。中間もぼやけます。
 もともと近眼の強い人を除き、遠くを見るための眼鏡が必要になります。

単焦点眼内レンズのピントを近くに合わせた場合

多焦点眼内レンズ(イメージ)

 メガネをかけなくても遠くは良く見え、手元の文字も読めます。中間距離も見えています。

多焦点眼内レンズ(リズーム®)の場合

当院で採用している多焦点眼内レンズ1

レンティスコンフォート
 厚生労働省が2017年11月に認可したLENTIS Comfort®(レンティスコンフォート®)というレンズです。

 以前当院で試験導入したことがあるLENTISというブランドのレンズの一種です。
 正式導入取りやめの原因となったゴーストと呼ばれる「物が二重に見えるという現象」を起こりにくくした代わり、手元は約70センチまでしか見えません。
 3年ほど前からヨーロッパを中心に使用されており、右眼と左眼で少しだけピントをずらす方法(マイクロ・モノビジョン)で設定するのが良いと報告されています。
 かすむような見え方や光のにじみもほとんど無く、クリアに見えます。
 手元の文字はメガネが必要なことが多いですが、単焦点眼内レンズに比べるとメガネの必要な場面はかなり減ります。
 乱視矯正機能はありません(乱視矯正機能付きは保険対象外)。
 何より保険診療で使用できるため自己負担額は通常の眼内レンズと同じ1.5万円(1割負担)~4.5万円(3割負担)です。現時点では当院で手術する方の約半分の方に使用しており、2019年後半には全体の6割を超える見込みです。
日本以外の国ではこのレンズで手術を受けると数十万円も自己負担額がかかることを考えると素晴らしいことです。

当院で採用している多焦点眼内レンズ2

ミニウェル
 厚生労働省の認可は得ていませんが、EUでCEマークを取得しているMini Well Ready®(ミニウェル®)というレンズです。

 2016年にイタリアのヴェンチャー企業が発売した「焦点深度拡張型焦点眼内レンズ」というもので、かすむような見え方やハローがなく、クリアに見えます。
 ただし手元のピントが約40センチとやや遠めです。元々近視が強い方の場合、ちょっとした工夫をすると良い結果が得られます。
 多焦点眼内レンズの最先端を行くヨーロッパで急速にシェアを伸ばしているイタリア製の眼内レンズです。
 乱視矯正機能つきのモデルもあります。
 当院での手術代は59万円(乱視矯正なし)~64万円(乱視矯正付き)です。
 LENTIS Comfortの発売以降、このレンズも含めて他の多焦点眼内レンズ(自費または先進医療対応)は見え方の違和感や自己負担額などを総合的に考えて、積極的にはお勧めしておりません。

このページのトップに戻る