当院で使用している眼内レンズ

  以前は主にTECNIS®(テクニス®)という「非球面眼内レンズ」を使用していました。
 テクニス®は当時「夜間運転時など、暗くなってからの見え方に特に優れている」とFDA(米国の厚生労働省のようなところ)に認められ、添付文書に記載を許可されていた唯一の非球面眼内レンズです。
 当時使用されているレンズの中では総合的に見て最も優れていたと私は考えていました。
 現在は角膜球面収差という、一種の乱視の値によって最新のテクニスを含む5種類の眼内レンズを使い分けています。
 また、これらとは別に乱視矯正用単焦点眼内レンズ(乱視矯正用テクニス®)も積極的に導入しており、約40%の症例で使用しています。
 この乱視用眼内レンズの使用率は全国でもかなり高いようです。
 理由は色々でしょうが、5%程度の施設が多いようです。

視力が1.0でも見え方は違う

 すべて視力1.0の見え方です。同じ1.0でも見え方に違いがあることが分かります。
 (左から右に行くほど収差の残量が多い)

良く見えるとはより安全であるということ

 「夕方、暗くなってきた頃、時速55マイル(時速89km)で車を運転していて前方に歩行者を発見し、急ブレーキをかける」という状況を設定して行った実験の結果です。
 テクニス®の場合、0.5秒早く歩行者を発見し、右の図のように45フィート(14メートル)も余裕をもって停車できることが分かりました。

このページのトップに戻る

見え方の違い(シュミレーション)



「目にあわない収差補正量の眼内レンズを使った場合」



「目にあった収差補正量の眼内レンズを使った場合」

 当院ではより良い見え方を追求し、原則としてデータに基づいて一番はっきりと見えるような眼内レンズを選択いたします。
 ただし、眼の状態などによってはあえて多少のぼやけが残るようなレンズを使用することもあります。
 なお、眼内レンズの違いによる患者様の負担金額に差はありません。

 他には多焦点眼内レンズという、遠くも近くも見える眼内レンズも使用しています。

このページのトップに戻る